おねしょナビ http://greencar-ecodesign.com 夜尿症といっても、おねしょと夜尿症の違いは素人にはわかりませんし、判断ができません。日本には夜尿症についての学会がありますので、学会サイトに記載されている内容を読んで理解するとよいでしょう。一般の方向けに優しくわかりやすい説明になっています。 Sat, 21 Jun 2014 13:37:00 +0000 ja hourly 1 https://wordpress.org/?v=5.0.3 夜尿症についてまとめました http://greencar-ecodesign.com/2014/05/18/%e5%a4%9c%e5%b0%bf%e7%97%87%e3%81%ab%e3%81%a4%e3%81%84%e3%81%a6%e3%81%be%e3%81%a8%e3%82%81%e3%81%be%e3%81%97%e3%81%9f/ Sun, 18 May 2014 01:42:15 +0000 http://www.greencar-ecodesign.com/?p=23 子供が無事生まれて育ってくると、言葉も考えて話せるようになり、周りの物に興味をもってくるようになるのが、5・6歳前後ではないでしょうか?その年齢の子供が無意識に起してしまう問題の一つに、夜尿症、いわゆる「おねしょ」をしてしまうことが挙げられると思います。

実際におねしょをしてしまうと、布団を干したり、寝具の交換をしたりしなければならないという、いわゆる「大人目線」で私たちは考えがちです。

この寝具の問題もありますが、子供にとっても「やってしまった」ということで思い悩む子もいると思います。

ここでは、おねしょが起きるメカニズムをまとめました。

夜尿症が起きるメカニズムをかなり大雑把に説明しますと、成長ホルモンの問題、体が成長すること、という2点が根底にあると言われています。

その問題が表面化してくるのが5・6歳前後で、その後は成長と共に問題が解決すると言われています。

細かい原因を調べると、3つ出てきます。

一つが、うまく眠れない状況になっていること。

二つ目は、夜に尿が多く作られてしまうこと。

三つめは寝ているのに、排尿する筋肉が活発に動いてしまうこと。

これらの要素が絡み合って、夜尿症が起きてしまうことになります。

つまり、子供の故意でしてしまう原因はないことがわかって頂けたと思います。

親が激しく叱責してしまうと、治るどころか、かえって子供の精神的な不安を大きくしてしまうので、むしろ、「大きくなるためには、おねしょは必ず誰もが経験すること」という形でフォローしていくのがベストです。

具体的な治療方法ですが、生活リズムを規則正しく過ごせるように親がフォローすること、昼間に体を十分に動かすこと、寝る前に水分を多く摂らないように水分量のコントロールをしていくことを軸に行っていきます。

これらのことをしてもなかなか治らない場合もありますので、困った場合は小児科に相談に行ってみるのも一つの方法です。

なぜ小児科なのかということですが、一種の発達障害が原因であることが考えられるからです。

医師に相談することで、治療するための薬を処方される場合もありますし、「難治性夜尿症」という病気であれば、治療をすることで夜尿症の改善を早くできることになります。

いずれにしても、「子供も一人の人間として接する」ことが、夜尿症の解決にも繋がると思います。

]]>
お母さんにできること!おねしょと夜尿症。 http://greencar-ecodesign.com/2014/05/10/%e3%81%8a%e6%af%8d%e3%81%95%e3%82%93%e3%81%ab%e3%81%a7%e3%81%8d%e3%82%8b%e3%81%93%e3%81%a8%ef%bc%81%e3%81%8a%e3%81%ad%e3%81%97%e3%82%87%e3%81%a8%e5%a4%9c%e5%b0%bf%e7%97%87%e3%80%82/ Sat, 10 May 2014 09:40:59 +0000 http://www.greencar-ecodesign.com/?p=21 幼い子どもの育児で、新米ママに大きな壁となって立ちはだかるもののひとつがトイレトレーニングです。

紙オムツが主流となった今、オムツが外れる年齢はだんだん遅くなっており、オムツがとれないままで幼稚園に入園する子どもも少なくありません。

一般的に2歳頃から始まるトイレトレーニングですが、男女差や個人差で早く終わる子もいれば、長引く子もいます。

終わらないトイレトレーニングにノイローゼ気味になるお母さんも出てきます。

でも、実際は、昼間のおもらしは克服しても、「夜だけはオムツ!」というおねしょ組の男の子は幼稚園にゴロゴロいます。

幼稚園の間のおねしょは、それほど深刻にならなくてもよさそうです。

ただ、このおねしょ、ある一定の年齢まで続くと病気の心配が出てきます。

「夜尿症」といわれる病気です。

5歳くらいまでは、昼間のおもらしがないなら、おねしょという認識で様子を見てもかまいませんが、6歳を過ぎて小学校に入学するころまで週に1度以上おねしょが続くようであれば、専門家の受診をおすすめします。

夜尿症はほおっておいても、多くは小学校を卒業する頃までには自然に治っていきますが、なかには中学生になる頃まで続いたり、大人になっても治らないなどというケースも見られます。

小学生になると、幼児の頃に比べて、おねしょをすることでプライドが傷ついたり、自分に自信を持てなくなるなど、発育上の影響も考えられるので、小学校に上がる前後のタイミングで「夜尿症」の治療に親子で意識を向ける必要が出てきます。

現在、病院で行われている治療としては、おねしょを減らすための生活指導のほか、睡眠中にトイレでの排尿を促すアラーム療法、膀胱に働きかける薬物療法などがあります。

いずれも治癒までには個人差がありますが、放置するより積極的に治療した方が、治癒までの時間が短くなるというデータもあります。

夜尿症は、親の育て方や子どもの性質にはまったく関係のない病気で、親や子ども自身の努力でどうになるものではありません。

けれど確かなことは、必ず治るということです。

基本的には、お母さんが焦らずおおらかな気持ちで見守り、子どもが安心して治療にのぞめるよう手助けすることが大切です。

]]>
夜尿症の原因と対処法について http://greencar-ecodesign.com/2014/05/01/%e5%a4%9c%e5%b0%bf%e7%97%87%e3%81%ae%e5%8e%9f%e5%9b%a0%e3%81%a8%e5%af%be%e5%87%a6%e6%b3%95%e3%81%ab%e3%81%a4%e3%81%84%e3%81%a6/ Thu, 01 May 2014 06:39:39 +0000 http://www.greencar-ecodesign.com/?p=19 子供のころ寝ているとおしっこがしたくても起きることが出来なくておもらししてまうことがあると思います。

これはおねしょと言って子供の頃は自然な現象なのです。

しかし、5歳くらいの年齢を過ぎてもこのおねしょが治らない場合には「夜尿症」と名前が変わります。

夜尿症は成長するにつれて自然と治っていくものなのですが、中には小学校高学年、中学生、また大人になっても治らない場合もあるのです。

この夜尿症の原因とされているのが夜間の尿量の問題です。

夜寝ている時に尿のコントロールを行ってるのが抗利尿ホルモンなのですが、このホルモンの分泌量が少ないと調整が出来なくなってしまうのです。

また膀胱の大きさや機能も関係しており、膀胱が大きければ寝ている間にも尿を溜めておくことができます。

また人によっては、寝る前にトイレにいっても残尿感が残ってしまい寝ている間に出してしまうなど膀胱の機能に問題がある場合もあるのです。

また眠りのせいであるとも言われています。

寝ていても尿意を感じると目が覚めてトイレに行った経験がある人も多いと思いますが、人によっては尿意を感じても目が覚めないという人もいるのです。

これは中枢神経の問題などとも言われています。

そして精神的ストレスです。

家庭環境になにか問題があったり、学校でいじめやいやなことがあったりなど精神的な緊張が続くと夜尿症になってしまうと言われています。

夜尿症は大人になるにつれて、いつまでも続いてしまうと恥ずかしと感じてしまう人も多いです。

小学校になれば修学旅行などお泊りしなければいけなくなる場面も多いので、早めに治しておく必要があります。

夜尿症は薬物療法や夜尿アラーム、生活指導によって改善できます。

夜尿アラームは下着に取りつけて尿の水分を感知してアラームがなるというものです。

これによって睡眠中でも尿意で起きることができるようにトレーニングを行います。

また生活指導は夜寝る前に水分を取らないようにする、なるべく尿を我慢するようにトレーニングするなどの方法があります。

]]>
夜尿症の年齢・原因・対応策について http://greencar-ecodesign.com/2014/04/22/%e5%a4%9c%e5%b0%bf%e7%97%87%e3%81%ae%e5%b9%b4%e9%bd%a2%e3%83%bb%e5%8e%9f%e5%9b%a0%e3%83%bb%e5%af%be%e5%bf%9c%e7%ad%96%e3%81%ab%e3%81%a4%e3%81%84%e3%81%a6/ Tue, 22 Apr 2014 03:38:51 +0000 http://www.greencar-ecodesign.com/?p=17 夜尿症とはなにか、それは夜眠っている間に、意識がない状態で排尿してしまう症状の事を夜尿症といいます。

それはおねしょとは違うのか、なぜ夜尿症になってしまうかといった原因を探り、それにたいする対応策を

考えてみました。

①おねしょと夜尿症は違うのでしょうか?

夜尿症は「夜眠っている間に、意識がない状態で排尿してしまう」とご案内しましたが、おねしょも基本的には同じです。

では何が違うのでしょうか。

それは年齢によって異なるのです。

いわゆる幼児期において、その症状が出てしまう事をおねしょといいます。

年齢が上がるにつれておねしょは自然に治っていく場合が多いのですが、幼児期を過ぎる頃=小学校に上がる年代になってもまだおねしょをしてしまう場合、夜尿症というようになります。

夜尿症によって精神的なストレス
をはじめ、いろいろなデメリットが生じていくと考えられますので、治療を含めて対応していくようになります。

②夜尿症の原因について

夜尿症が起きる原因は複数あります。

例えば、夜間の尿の量が多いといった場合や夜間の暴行の容量が小さい=不安定であるという事、その他心理的なストレスや睡眠障害など、更には暴行や腎臓などの臓器の異常や問題といった事も考えれられます。

子供が用時期をすぎる頃になると、膀胱も成長して、夜間は日中の量の1.5倍以上の尿を膀胱にためておけるようになります。

しかし、子供の中には膀胱の成長が未発達で、それが原因で夜尿症が起きたりするのです。

夜寝る前の水分を減らしても夜尿症が起きる場合は、治療を受ける事により、早く夜尿症が収まるといった事もあるので、適切な対応が重要です。

③夜尿症に対しての対策とは?

まずできるところからやってみましょう。

一番取り組みやすいのは、夜寝る前の水分の摂取量を気をつけるという事です。

しかし、そういった対応をしても効果が見られない場合、専門家に相談するのが確実でしょう。

原因が一つだけとは限りませんし、薬を飲む事により、夜尿しなくなるといった症状の改善をはかる事もできるでしょう。

治療をする事で、何も手を打たないより、早くよくなるといった事につながりますし、場合によっては夜尿症の子供本人のストレスなども回避できたりするでしょう。

夜尿症と診断されても、だんだんおさまってくる場合もありますが、中には20歳をすぎても夜尿症が治らないという人もいます。

保護者から見て、適切な時期に適切な対応をとる事が、子供の夜尿症の改善につながると言えます。

]]>