子供が無事生まれて育ってくると、言葉も考えて話せるようになり、周りの物に興味をもってくるようになるのが、5・6歳前後ではないでしょうか?その年齢の子供が無意識に起してしまう問題の一つに、夜尿症、いわゆる「おねしょ」をしてしまうことが挙げられると思います。

実際におねしょをしてしまうと、布団を干したり、寝具の交換をしたりしなければならないという、いわゆる「大人目線」で私たちは考えがちです。

この寝具の問題もありますが、子供にとっても「やってしまった」ということで思い悩む子もいると思います。

ここでは、おねしょが起きるメカニズムをまとめました。

夜尿症が起きるメカニズムをかなり大雑把に説明しますと、成長ホルモンの問題、体が成長すること、という2点が根底にあると言われています。

その問題が表面化してくるのが5・6歳前後で、その後は成長と共に問題が解決すると言われています。

細かい原因を調べると、3つ出てきます。

一つが、うまく眠れない状況になっていること。

二つ目は、夜に尿が多く作られてしまうこと。

三つめは寝ているのに、排尿する筋肉が活発に動いてしまうこと。

これらの要素が絡み合って、夜尿症が起きてしまうことになります。

つまり、子供の故意でしてしまう原因はないことがわかって頂けたと思います。

親が激しく叱責してしまうと、治るどころか、かえって子供の精神的な不安を大きくしてしまうので、むしろ、「大きくなるためには、おねしょは必ず誰もが経験すること」という形でフォローしていくのがベストです。

具体的な治療方法ですが、生活リズムを規則正しく過ごせるように親がフォローすること、昼間に体を十分に動かすこと、寝る前に水分を多く摂らないように水分量のコントロールをしていくことを軸に行っていきます。

これらのことをしてもなかなか治らない場合もありますので、困った場合は小児科に相談に行ってみるのも一つの方法です。

なぜ小児科なのかということですが、一種の発達障害が原因であることが考えられるからです。

医師に相談することで、治療するための薬を処方される場合もありますし、「難治性夜尿症」という病気であれば、治療をすることで夜尿症の改善を早くできることになります。

いずれにしても、「子供も一人の人間として接する」ことが、夜尿症の解決にも繋がると思います。

Comments are closed.