夜尿症とはなにか、それは夜眠っている間に、意識がない状態で排尿してしまう症状の事を夜尿症といいます。

それはおねしょとは違うのか、なぜ夜尿症になってしまうかといった原因を探り、それにたいする対応策を

考えてみました。

①おねしょと夜尿症は違うのでしょうか?

夜尿症は「夜眠っている間に、意識がない状態で排尿してしまう」とご案内しましたが、おねしょも基本的には同じです。

では何が違うのでしょうか。

それは年齢によって異なるのです。

いわゆる幼児期において、その症状が出てしまう事をおねしょといいます。

年齢が上がるにつれておねしょは自然に治っていく場合が多いのですが、幼児期を過ぎる頃=小学校に上がる年代になってもまだおねしょをしてしまう場合、夜尿症というようになります。

夜尿症によって精神的なストレス
をはじめ、いろいろなデメリットが生じていくと考えられますので、治療を含めて対応していくようになります。

②夜尿症の原因について

夜尿症が起きる原因は複数あります。

例えば、夜間の尿の量が多いといった場合や夜間の暴行の容量が小さい=不安定であるという事、その他心理的なストレスや睡眠障害など、更には暴行や腎臓などの臓器の異常や問題といった事も考えれられます。

子供が用時期をすぎる頃になると、膀胱も成長して、夜間は日中の量の1.5倍以上の尿を膀胱にためておけるようになります。

しかし、子供の中には膀胱の成長が未発達で、それが原因で夜尿症が起きたりするのです。

夜寝る前の水分を減らしても夜尿症が起きる場合は、治療を受ける事により、早く夜尿症が収まるといった事もあるので、適切な対応が重要です。

③夜尿症に対しての対策とは?

まずできるところからやってみましょう。

一番取り組みやすいのは、夜寝る前の水分の摂取量を気をつけるという事です。

しかし、そういった対応をしても効果が見られない場合、専門家に相談するのが確実でしょう。

原因が一つだけとは限りませんし、薬を飲む事により、夜尿しなくなるといった症状の改善をはかる事もできるでしょう。

治療をする事で、何も手を打たないより、早くよくなるといった事につながりますし、場合によっては夜尿症の子供本人のストレスなども回避できたりするでしょう。

夜尿症と診断されても、だんだんおさまってくる場合もありますが、中には20歳をすぎても夜尿症が治らないという人もいます。

保護者から見て、適切な時期に適切な対応をとる事が、子供の夜尿症の改善につながると言えます。

Comments are closed.